2015年04月28日

大藤まつり

大藤まつり.bmp

大藤まつり

 3月末の桜の花見から始まり、少しずつ時期をずらして、ツツジ園、シャクナゲ園、藤の花まつり、バラ園、花菖蒲園、アジサイ園・・・・と、車で一走りすると半日あれば観ることができます。
 ゴールデンウイークは若い人たちや小さい子どもの家族が楽しむ日で、高齢者は庭いじり程度が似合っています。
 今日は午後から雨でしかもウィークデーなので空いていると思い、中山の大藤まつりを覗くと、藤棚の下はギッシリでびっくりしました。フジの花の甘い香りもさることながら露店の焼き鳥の匂いが漂って風下に席を陣取っている人には気の毒です。


蕗.bmpDSC_5958ふき.bmp



大溝横の土手にフキが一面に広がっています。この一帯は草刈りをしないでいますので、年々フキが広がっているような気がします。周辺の草を刈ると余計に蕗の葉が目立ってきました。近づいてみると茎も太くなっているようなので食用に採ってきました。
 ゴミを洗い流し、塩を入れサッと茹で皮を剥きます。適当な長さに切りそろえ、ダシをいれ薄味で食べることにしました。あおあおしい独特の風味とほろ苦さは春の味です。
 八百屋さんを覗くと一束100円〜120円程度で、「今日は、蕗を500円分くらい採ったのではなかろうか」と何となく得をしたような気持になりました。

posted by ムッチー at 16:51| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事な藤棚ですね。柳川だから近くていいなぁ。わたしも明日は自宅マンション前からバスが出ている塩船観音へツツジを観に行ってきます。
Posted by 内田麟太郎 at 2015年04月28日 18:11
藤の美しい候となりましたね。独特の風情と美しさあります。
フキノトウのおひたし独特の味で酒の肴にも最高です。春の欠かせない食材です。
Posted by 如水 at 2015年04月29日 06:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。